株式会社レイゼクス

カテゴリーindexへ戻る
代表者
代表取締役社長 仲村達史
事業内容
総合営業支援
フリービジネスマッチング
店舗運営事業
物販事業
コーポレートサイト
http://www.reizx.com/
資本金
100万円
インタビュー内容
前職は営業支援のベンチャー企業で、営業部がない会社に対してコンサルティングをする仕事をしていました。そこでは学ぶことも多く、会社の成長期に在籍できたことも自分にとってはとてもプラスでしたが、会社の目指す方向性と自分が目指したい方向性にだんだんと違いが生じ、「一社一社の企業様ときちんと向き合っていきたい」という自分の理想を追い求めるため、同じ会社のメンバーと一緒に起業することを決めました。企業にあたって選んだ業種は、前職と同じ営業支援。業界や地域、さらに従業員規模まで特化してサービスを提供することにしました。私たちがお付き合いさせていただいている企業様は、IT系やクリエイティブ系の企業様が多く、その業種に特化した理由としては、「営業に困っている」ところが多い事と「クリエイティブ業界を活性化させたい」という想いからです。こういった企業様は、良いプロダクトやサービスを生み出す人材には事欠かないのですが、それらをセールスしていく人材の不足に悩まされています。そこで、当社がその会社の営業部となり、代わりにプロモーション活動や集客をしていきます。
当社のサービスの特徴は、色々なチャネルを持っており、全てが自社で上手くいった手法を用いているという事です。例えば、Web集客、動画、Telアポ代行など、インバウンドからアウトバウンドまでトータル的なプロモーションで集客をサポートします。仮に売れないものや売りづらいものだったとしても、「どうやったら売れるのか?」を考え、その方法を模索していき、アドバイスをさせて頂きます。また当社を立ち上げる際に掲げた「一社一社の企業様ときちんと向き合っていきたい」という想いから、最小限のリスクで取り組めるような料金体系にてサービス提供を行い、短期的な付き合いではなく、長期的なお付き合いをさせていただける関係づくりを目指しており、おかげ様で約140社の企業様の営業支援をさせていただいております。
今後の事業戦略としては、現状の営業支援に更なる付加価値を付けていくことと、来期以降に向けた新規事業への投資を優先的に、【「Special」を「Standard」に】という理念に基づいた成長を目指しています。また、来期以降は「若い人たちがワールドワイドに活躍できるプラットフォーム」を目標に、関西進出や東南アジアへの進出も積極的に行っていきたいと考えています。

カテゴリーindexへ戻る

Copyright © 2017 一般社団法人アジア成長企業調査協会 -