株式会社シード

カテゴリーindexへ戻る
代表者
代表取締役 池田智之
事業内容
インターネット広告代理業
ECサイト構築
ホームページ制作
ECサイト運営
コーポレートサイト
http://www.seedinc.jp/
資本金
2,100万円
インタビュー内容
両親がずっと自営業をやってきているのを小さい頃から見てきていたせいか、私は学生の頃から「自分で会社をやってみたい」という想いを抱いていました。ただ、卒業後すぐに起業というわけではなく、30歳くらいまではアフィリエイト広告の会社にサラリーマンとして勤め、そこで色々と経験を積んでから起業をしました。起業後に最初に手がけたのは、アフィリエイトメディアとしてのペット情報サイトの立ち上げでした。しかしながら結局そのサイトはメディア事業としてうまくいかず、アフィリエイト運用代行事業の方が伸びていきました。今はそちらをメイン事業としながら、ECサイト制作や、韓国のコスメの輸入・販売事業などもしています。韓国コスメ事業については、当社はもともとECサイトの制作や運営に強みを持っている会社ですので、お客様からのご依頼でサイトを作る立場から、自社で運営していくという流れになるのは自然なことでした。韓国コスメは既にブームは終わっており、「韓国コスメだから売れる」という時代では無くなっていますが、当社ではこれまで培ってきた独自のノウハウにより、現在でも売り上げを伸ばす事ができまています。今後も商材を増やしていく方針です。
リーマン・ショック後、広告業界は急激に落ち込んだので、不況にも強い会社作りを目指していくため、今後は、広告代理店事業、ECサイト制作事業、化粧品の輸入販売事業の3つの事業を軸にして、それぞれの事業を拡大していきたいと考えています。広告代理事業としては、アフィリエイト・リスティング・SEOが中心ですが、その中でもアフィリエイト広告の運用代行に特化しているのが強みです。そもそも広告代理店の中で、アフィリエイト広告をメインでやっているところ自体が少なく、10年程の実績があるため、「3ヶ月で売上が3倍になった」といったようなクライアント様に喜ばれる実績も増えてきました。また、ECサイト制作についても、ネット通販を始める際には、まずは大手ECショッピングモールに出店するというのが主流でしたが、最近では、商品のブランド価値を守るため独自ドメインでECサイトを構築し、商品を販売する企業様も増えてきて事により、マーケットが広がりを見せています。
今年から新卒採用も始めて人材の育成などにも注力し、社内体制の強化をしていくつもりです。社員のレベルを上げ、サービスのレベルを上げていけば、それが自然と会社の魅力を向上することにつながり、優秀な人材の獲得にも繋がります。まずはそういったところから強化していきながら既存事業を大きくしていき、いずれは日本以外の国でもサービス展開をしていきたいと思っています。

カテゴリーindexへ戻る

Copyright © 2017 一般社団法人アジア成長企業調査協会 -